もくもく自然塾 コロンビアアライテントモンベル
ホーム 体験プログラム・アクティビティ イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
裏磐梯日記のイメージ写真

 裏磐梯日記

裏磐梯で日々起こるあんなことやこんなことをスタッフが日記形式でお知らせします。あなたの知りたい裏磐梯が見つかるかも。

 裏磐梯日記

2013年

 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2012年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2011年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2010年

 12月の日記
 11月の日記
 10月の日記
 9月の日記
 8月の日記
 7月の日記
 6月の日記
 5月の日記
 4月の日記
 3月の日記
 2月の日記
 1月の日記

2009年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2008年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2007年

 10月〜12月の日記

 7月〜9月の日記

 4月〜6月の日記

 1月〜3月の日記

2006年

 10月〜12月の日記

※2006年9月以前の裏磐梯日記は裏磐梯日記バックナンバー(他サイト)をご覧ください。

"もく"が執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!

 

"あかぬま"が教える「きのこの森の歩き方」、きのこ図鑑にないきのこの楽しい話です。


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)認定スクール

福島県 / 裏磐梯
『もくもく自然塾』

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川原1092-38
合同会社はれがさやガイド本舗内
TEL:0241-23-9018
FAX:024-505-4826
ホーム > 裏磐梯日記
 
裏磐梯日記は、2013年4月14日(日)をもってFC2ブログに引っ越しさせていただきました。
ここでは、それ以前の裏磐梯日記を読むことができます。

 2013年4月13日(土)

『浄土平ツアー、フカフカ雪を踏めました♪』

今日13日は、スノーシュープログラム「春の浄土平を歩こう!」を担当させていただきました。

昨夜まで寒気が裏磐梯に雪をもたらしていたので、浄土平もきっと白くなっているだろうなぁ〜、と期待いっぱいで行ってみると。
わーい、やったね!白くて綺麗で、フカフカだぁ〜〜〜!

「この時期に、こんな真っ白い雪の上を歩けるなんて、嬉しいですね〜」
・・・はい、本当に。

これで予報通りに晴れてくれたら最高なんだけどな〜。
そう願いながら一歩一歩ハイクアップしましたが、西から雲が押し寄せてきて、高いところは見えなくなっていったのでした。東(吾妻小富士)のほうは明るく見えていたんですけどね。

しかし、めげずに登ってみるものです。眼下には幻想的な風景が広がっていて、美しいものでした。

「頑張って登った人へのご褒美ですよね」
・・・はい、本当に。

高いところの展望は残念でしたが、帰りはずっと、日が当たって浮かび上がるような吾妻小富士に向かって歩くことができました。
この絶景を望めるのが、浄土平の魅力の一つだと思います。
吹雪にはならなかったし、新しい真っ白な雪をたくさん踏めたし、ほんと良かったです。

Eさん、Wさん、1日お疲れ様でした。また笑顔で会える日を楽しみにしています。
ありがとうございました!

さて。
スノーシーズン締めくくり、春の雪遊びもカウントダウンです。
今季のプログラムにご参加された方には4月21日「春の雪まつり」がありますよ!
雪解けが足踏みしてくれることを祈りつつ、ご参加お待ちしてます!

(ちほ)


関連プログラム

ガスってる中、がんばったぞー! 一切経山の噴煙、今日も勢い良かったです 眼下には幻想的な風景が〜鎌沼を見下ろす 吾妻小富士をバックに、はいポーズ

 

 2013年4月12日(金)

『裏磐梯山岳耐久レース、ポスター完成!』

プレ大会を含めると、今年で5回目の開催となる裏磐梯山岳耐久レース。
その2013年大会のポスターがついに完成しました!

もくもく自然塾では、ポスターを貼ってくださる施設様を募集しております。
「うちにぜひ!」という施設様はもくもく自然塾までご連絡いただけましたら幸いです。

お問い合わせ先
https://sv85.wadax.ne.jp/~moku2-outdoor-com/cp-bin/phpformmail/#question

昨年までは11月上旬の開催だった裏磐梯山岳耐久レース。
今年は9月下旬の開催となり、しかも28日(土)にショートレース(20.3q)とウェルカムパーティー、29日(日)にロングレース(68.5q)と、大幅リニューアルを予定しております。

裏磐梯山岳耐久レース2013
http://moku2-outdoor.com/event.html

ショートレースだけ、ロングレースだけの参加はもちろんのこと、両種目の参加もOK。
裏磐梯山岳耐久レース大会事務局では、現在、エントリー受付開始のために鋭意作業中です。

お楽しみに!

(りょう)


関連プログラム

裏磐梯山岳耐久レース2013ポスター

 

 2013年4月11日(木)

『雪がまるで満開の桜のように見えました』

今朝は、カーテンを開けて目に飛び込んだ景色に思わず「きれい〜」とつぶやいていました。

冬枯れの木々の枝に雪がふんわりのっかって、朝日を浴びてキラキラ輝いて、まるで花が咲いたよう。
風が吹き、ふわふわふわっと枝から落ちる雪が、散りゆく花弁のようにも見えて・・・

そんな風に見えたのは、昨日、浄土平下見の後、福島市内で満開の桜をみたからかな?
1〜3月と違って茶色い地面がしっかり見えていることが、桜花のように思わせたのかもしれません??

そんな名残雪ですが、今夜もふたたび降り積もり始めました。明日にかけて寒気が下がるようですよ。

・・・もしかして、今週末の浄土平雪遊びプログラムでフカフカ雪を踏めるかしらん??それでいて吹雪かず展望が開けたらなお嬉しいなぁ。

(ちほ)


関連プログラム

冬枯れの枝に、雪の花が咲いたようでした 浄土平はこの展望を期待(10日は帰る頃にやっと現れてくれました)

 



『冬が始まるの?』

今年の裏磐梯、もしかすると3月より4月のほうが雪が降ってるかも(笑)。最近、雪の日が続いてます。なんだかこれから「冬が始まるの?」(笑)
そんななか、もくもくスタッフはグリーンシーズンのミーティングをしておりました。
…おっと! その前に、冬の締めくくり『もくもく春の雪まつり』がありますね。ミーティングでは、どんな美味しいもので、みなさんに喜んでいただこうか、ミーティングにて長時間の検討会を行いましたし(笑)。
もうノーマルタイヤに替えていて、雪が心配な方も参加できるように、集合場所も選べますので、ぜひおいでください。
雪まつりでは、同じフィールドでスノーシュー、スキー、ボードで遊ぶので、他の遊びがどんなものか、見られるのもおもしろいですよ。

なお、1枚目の写真は今朝の様子。2枚目は夕方、もくもく付近から見た磐梯山。この後、夜になってから、再び積もるほどの雪が降りました。
…やっぱり冬が来るのか?(笑)

(まき)


今朝の裏磐梯 白くなった磐梯山

 

 2013年4月10日(水)

『悪天候に負けず下見行って来ました。』

8日に中止した浄土平の下見、今日行って来ました。
天候は・・・写真で判るかな?強風&強風で蓬莱山の登りは恐怖(強風のダジャレ、ワッカルナ??)でした。
でも、どんな状況でもめげないのがもくもくスタッフ、酸ヶ平避難小屋でゆっ〜くり昼食を取ってのんびりして帰ってきました?
それにしても積雪が少ないです。名物「雪の回廊」も低くちょっと迫力には掛けます。小屋から前大巓へ続く雪原もブッシュが多く歩きずらいですね。
避難小屋裏、前大巓、蓬莱山の斜面は大丈夫ですが、やっぱりブッシュがうるさいです。
とは言え、春ツアーが楽しいことに代わりは有りません。
怪我の無いよう、今月一杯楽しみましょう。

(もく)


関連プログラム

こんな天気でした いよっ! 最後は青空

 

 2013年4月9日(火)

『春へ、少しずつ、着々と』

今回の低気圧が運んできた吹雪にはびっくりしましたが、9日朝は穏やかな暖かい日差しに包まれました。
雪の白さに嬉しくなるのも本音ですが、ポカポカ陽気もやっぱり気持ちいい(笑)。

そんな今日は、喜多方へ下る途中にある「ラビスパ裏磐梯」そばの湿地に立ち寄ってみました。
雪解けの湿地林には、きっとあの白い子たちが顔をのぞかせているんじゃないかと・・・

わーいビンゴ!可愛らしいミズバショウたちがたくさん佇んでいました♪

まだまだ雪はたっぷり残っているんですけどね。
でも、少しずつ、着々と、春が近づいている裏磐梯です。

ちなみに、喜多方は、ほぼ雪はありません。
標高差500m前後あるので当たり前なんですが、毎度のように「別世界」って思います。
あ、喜多方から見れば裏磐梯がまさに「別世界」なんですけど(笑)。

(ちほ)


おまけ写真「霊峰・飯豊(喜多方より)」 湿地から春が来る〜ミズバショウ芽吹き 水開く〜桧原湖西南岸より 夕暮れの桧原湖畔(野鳥の森細野口より)

 

 2013年4月8日(月)

『春から冬へ逆戻り』

関東の桜は葉桜になり、福島も開花宣言して、さぁ〜春だ!花見だ!
と盛り上がった途端にこれだもの・・・
今日は磐梯吾妻スカイラインの再開通。毎年この日に合わせて浄土平の下見に入ります。勿論、行くつもりでいましたが朝起きたらこの通り、除雪車は走ってるし、強風で顔も上げられないし、道路は圧雪になってるし、冬に逆戻りです。近所の人も「タイヤ換えちゃったよ」・・・・
でも、散歩大好きの一歩君は久しぶりの深雪で大はしゃぎでした。
さっ〜て、下見何時行こうかな?

(もく)


関連プログラム

こんな風景になっちゃった 冬景色 寒いワン!

 

 2013年4月5日(金)

『クロサンショウウオの卵』

4月になってから、肌寒い日が続いていた裏磐梯。
ポカポカ暖かくなった5日。(カエルたちが動きだすなら今日だよね!)と思い、水のなかを覗いてみました。
カエルの卵はまだなかったのですが、クロサンショウウオの新しい卵が、1日に比べ、一気に増えているではないですか。しかも、クロサンショウウオの親たちもいっぱいいる!
スゴーイ!

この日は、雪を戴いた西大巓がクッキリ見えました。滑りたい気持ちもまだまだありますが、木々の芽吹きや生き物たちの活動も、見逃したくなーい(笑)。
毎年、春は気ぜわしい季節なんです(笑)。

(まき)


関連プログラム

川沿いは雪融けが進んでます 白いのがクロサンショウウオの卵