福島県・会津・裏磐梯もくもく自然塾 コロンビアアライテント日本国内アクティビティ体験予約サイトのアクティビティジャパン
ホーム 体験プログラム・アクティビティ イベント/大会 裏磐梯日記 宿泊について 学習プログラム
体験プログラム(アクティビティ)のイメージ写真

 体験プログラム

あなたを未知の世界へご案内する珠玉のアクティビティの数々!
"秘境"裏磐梯をぜひ体感してください。

 体験プログラム
 (アクティビティ)

グリーンシーズン
アクティビティ

登山アクティビティ登山
トレッキングアクティビティトレッキング
自然観察アクティビティ自然観察
カヌー・カヤックアクティビティカヌー・カヤック
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)ロゴ日本レクリエーショナルカヌー協会公認スクール
シャワーウォークアクティビティシャワーウォーク
マウンテンバイクアクティビティMTB(マウンテンバイク)
トレイルランニングアクティビティトレイルランニング

スノーシーズン
アクティビティ

スノーシューアクティビティスノーシュー
ネイチャースキー/クロスカントリースキーアクティビティネイチャースキー/クロスカントリースキー
バックカントリースキーアクティビティバックカントリースキー
バックカントリースノーボードアクティビティバックカントリースノーボード

屋内アクティビティ

ボルダリングアクティビティボルダリング

学校・企業・各種団体向け野外体験プログラム、総合学習プログラムについては学習プログラムをご覧ください。


"もく"が執筆「スノーフィールドの楽しみ方」絶賛発売中!!

 

"もく"が裏磐梯エリアを執筆「スノーシュー・コースプランGUIDE」好評発売中!!

 

"まき"が一部執筆「雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド」好評発売中!!

 

"あかぬま"が教える「きのこの森の歩き方」、きのこ図鑑にないきのこの楽しい話です。


磐梯エリアガイド協議会会員
裏磐梯エコツーリズム協会会員
日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)認定スクール

福島県 / 裏磐梯
『もくもく自然塾』

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川原1092-38
合同会社はれがさやガイド本舗内
TEL:0241-23-9018
FAX:024-505-4826

ホーム > 体験プログラム(アクティビティ)

 

 

 体験プログラム(アクティビティ)の種類

もくもく自然塾では、皆さんに楽しんでいただける様々な体験プログラム(アクティビティ)を1年を通してご用意しております。

 グリーンシーズンアクティビティ

登山アクティビティ登山 山に登るプログラムです。もくもく自然塾では、登山の定義を「頂上(ピーク)を目指して登るまたは通過するコース」とし、それ以外のコースをトレッキングと定義しております。
トレッキングアクティビティトレッキング 湿原、巨樹、滝などを楽しみながら歩くプログラムです。山を歩きたいけど登山まではちょっと。。。という方にオススメです。また、これから登山を始めたい方の入門プログラムとしてもご利用ください。
自然観察アクティビティ自然観察 皆さんが自分で歩くだけでは気づかない裏磐梯での発見を、ネイチャーガイドがサポートするプログラムです。この多様な裏磐梯の自然の中で、あなただけの宝物がきっとみつかるはずです。
カヌー・カヤックアクティビティカヌー・カヤック 夏の裏磐梯の定番アウトドアスポーツであるカヌーを体験するプログラムです。もくもく自然塾は、地域唯一の日本レクリエーショナルカヌー協会公認スクールですので安心してご参加ください。
シャワーウォークアクティビティシャワーウォーク もくもく自然塾が名づけたオリジナルの沢遊びプログラムです。源流部に近い生まれたての清水で流れたり、泳いだり、飛び込んだりして遊びます。夏休み期間限定のプログラムです。
マウンテンバイクアクティビティMTB(マウンテンバイク) MTB(マウンテンバイク)を体験するプログラムです。自転車に乗れる方ならどなたでもご参加いただけます。通勤・通学に使ってるだけでは気づかないMTBのおもしろさを、山道でぜひ体感してください。
トレイルランニングアクティビティトレイルランニング ランニングファンの間でブームになりつつある、山道を走るプログラムです。健康によし。体力作りによし。そして、心によし。そう、森を走るってこんなに気持ちのいいことなんです。

 スノーシーズンアクティビティ

スノーシューアクティビティスノーシュー 西洋カンジキとも言われるスノーシューで歩くプログラムです。難しい技術をまったく必要としないので、スポーツは苦手というあなたも始めたその日から白銀の世界を満喫できます。
ネイチャースキー/クロスカントリースキーアクティビティネイチャースキー/クロスカントリースキー 森の中を歩くクロスカントリースキーの楽しさに、更に滑る楽しさを加えたプログラムです。初心者向けのレッスンも行っていますので、スキーが初めてという方も安心してご参加いただけます。
バックカントリースキーアクティビティバックカントリースキー ネイチャースキーの楽しさに、更に山に登るハードさも加えたプログラムです。しっかりした装備と体力、そして滑走技術が必要となります。ネイチャースキーからのステップアップにもご利用ください。
バックカントリースノーボードアクティビティバックカントリースノーボード 徒歩あるいはリフトを使って雪山に登り、管理されていないエリア(スキー場外)をスノーボードで滑走するプログラムです。しっかりした装備と体力、そして滑走技術が必要となります。

 屋内アクティビティ

ボルダリングアクティビティボルダリング ロープを使わずに岩や石を登るプログラムです。屋内の人工壁を使って気軽にその体験ができ、雨や吹雪などの悪天候時にもアクティブに過ごすことができます。

 

 

 体力度

各体験プログラムごとに必要な体力度を 登山靴 の数で表しています。参加するプログラムを選ぶ際の参考にしてください。

登山靴 普段歩き慣れていない方でも楽しめるレベルです。
登山靴登山靴 2時間程度の山歩きを余裕を持ってできる体力が必要です。
登山靴登山靴登山靴 4時間程度の山歩きを余裕を持ってできる体力が必要です。
登山靴登山靴登山靴登山靴 6時間程度の山歩きを余裕を持ってできる体力が必要です。
登山靴登山靴登山靴登山靴登山靴 8時間程度の山歩きを余裕を持ってできる体力が必要です。

 

 

 保険について

プログラム参加者に対して以下の総合保険に加入します。傷病、紛失、その他の事故について主催者側は応急処置を除いて一切の責任を負いません。保険証(コピー不可)は必ず持参してください。

<補償内容>
死亡・後遺障害 700万円
入院 日額 6,000円
通院 日額 4,000円

如何なる事故においても上記保険限度額以上の補償は致しかねます。参加者は各自の責任において健康管理に十分注意してください。また、保険加入手続きのためお客様の個人情報(連絡先など)の一部を保険会社に通知する場合があります。(保険加入以外の目的で個人情報を開示することはありません)

 ※2014年8月7日、補償金額を改定。

 

 ペット連れでの参加について

〜2009年8月16日の裏磐梯日記『ペット連れアウトドアについて考える』より抜粋・改変〜

もくもく自然塾では、ペットを連れての体験プログラムへの参加は一部のツアーを除き一切お断りしています。

自然公園法上は、特別保護地区(例:五色沼や磐梯山、吾妻山、安達太良山など)において「動物を放つこと」が規制されています。
ここでいう「放つ」というのは、人間の管理下を離れて自由に行動し得る状態に置くことを指します。
つまり、動物を鎖やリードにつないだまま連れ歩く(人間の管理下におかれ、行動の自由を制限されている)場合は、規制の対象とはなりません。
しかしながら、全国的にはローカルルールでペット連れで入ることを禁止している地域が少なからずあります。

自然の中にペットを連れて行くことには、どんな問題があるのでしょうか?
ネット上でも、賛成派、反対派それぞれの様々な意見が飛び交ってます。
以下に紹介するサイトは、かなり辛辣ですが参考になると思います。

「犬連れ登山を考える」
http://www1.ttcn.ne.jp/~naturelog/inuzure.html

では、裏磐梯ではどうなのでしょう?

五色沼自然探勝路の毘沙門沼側、柳沼側それぞれの入口の看板には「ペット連れはご遠慮ください」といった内容の一文があります。雄国沼湿原も「ペット連れ込み禁止」とされています。
とはいうものの、裏磐梯地域全体としてのスタンスは明確にされていない状況です。

ただ、以前よりも五色沼自然探勝路において動物と遭遇する機会が明らかに減っていることや、積雪期の探勝路周辺の動物の足跡が減っていることを、実際に我々が皆さまをご案内しながら感じているというのもまた事実です。

そういった曖昧な状況の中で、ガイドを生業としている我々がペット連れの体験を推奨することにはまだ問題があると考えています。
ある意味「自然に食わせてもらっている」我々が、自然環境に影響があるかもしれない行為を皆さんに積極的に勧めることはやはりできないのです。

ペット連れ参加をOKにすれば、おそらくガイドは儲かるのでしょう。おそらく喜ぶ愛犬家の方も多いのでしょう。
でも、いつまでも変わらず自然の中での遊びを満喫できるように、自分の利益だけを考えるのではなく、ガイドも、そして皆さんも、我慢しなければいけないことがあるのではないでしょうか。

 

 

 FAQ〜よくある質問〜

 グリーンシーズンアクティビティ

Q. ○月○日に行くのですが、紅葉はどうですか?
「例年はこの時期」という程度はお答えできますが、神様に聞かないとわかりません。自然のことですから毎年ピークの時期は異なりますし、よい年もあれば悪い年もあります。その時期、その時期の自然を楽しんでいただければ幸いです。
Q. ○月○日に行くのですが、□□□(花の名前)は咲いてますか?
上の質問の回答と同様です。
Q. 寒いですか? 暑いですか?
裏磐梯の天気に気温も掲載されてますので、これを参考にご自身でご判断いただければ幸いです。
Q. うちの子はシャワーウォークに参加できますか?
申し訳ございません、お会いしたことがなければ我々がその判断をすることはできません。参加条件を満たしていればどなたでもご参加いただけます。お子さんのことは親御さんが一番理解されていると思いますので、ご自身でご判断いただければ幸いです。
Q. ○月○日のツアーに申し込みたいのですが、まだ空きはありますか?
ホームページからのお問い合わせについてはどうしてもタイムラグが生じてしまい、返信が遅れている間に定員に達してしまう可能性もございます。空き状況の確認はお電話にてお願いいたします。

 スノーシーズンアクティビティ

Q. スノーシューのときはどんな服装がいいですか?
防水、防寒ができれば何でもいい(スキーウェアや登山のレインウェアでも可)ですが、汗をかきますので体温調節できるように楽に脱いだり着たりできるものがよいと思います。
服装についてはスノーシューのページも参考になさってください。
Q. ツアーには何を持っていけばいいですか?

毎日開催のツアーについては、飲み物と行動食(チョコやクッキーなど)程度をお持ちいただければ大丈夫です。(ガイドも多少の温かい飲み物と行動食は用意しています)
また、それらを入れるザック(両肩で背負うタイプ)があるといいですね。ザックは暑くなったときに脱いだウェアを入れるのにも便利です。

それ以外のツアーについては、「プログラムの詳細」に装備が記載されていますのでそちらでご確認いただければ幸いです。
Q. 毎日開催スノーシューツアーでオススメはどれですか?
どれもオススメです(笑)
お客様が何を見たいかによって違ってきます。「イエローフォール」や「ブルーアイス」など、ツアーの名前にキーワードが入っていますので参考になさってください。
Q. ツアーコースには個人で行けますか?

裏磐梯の地理にどの程度詳しいかにもよります。よく知らない方は、五色沼でさえも全くトレース(踏み跡)がなければ迷うこともあるでしょう。実際に、これまでスタッフがツアー中に遭難者を何人も救助しています。

また、地形図とコンパスも持たずに、他人のトレースを当てにして個人で行く方もいらっしゃいますが、それがあなたの目的地に向かっているとは限りません。勝手知ったるコースであれば別ですが、そうでない場合は非常に危険な行為ですのでおやめください。

Q. 予定されている日程以外にツアーを開催しないのですか?
臨時で開催できる場合もございますのでご相談ください。
Q. ○月○日のツアーに申し込みたいのですが、まだ空きはありますか?
ホームページからのお問い合わせについてはどうしてもタイムラグが生じてしまい、返信が遅れている間に定員に達してしまう可能性もございます。空き状況の確認はお電話にてお願いいたします。